労働災害事故

火傷(やけど)による後遺障害

労働災害の多くは、火傷(やけど)による後遺障害が挙げられます。
飲食店で働いている従業員の方が負うケースが最も多く、高熱を扱う工場(鉄工所等)で
勤務する労働者の方からもご相談いただくこともあります。

CAPTURE-01

勤務中での火傷について

少しのやけど程度であれば、それほど問題となりませんが、飲食店で料理人をされていると、やけどは日常的にあるかもしれません。勤務中に高温の油を運ぶ際に誤って油をこぼし、体に広範囲で掛かってしまうような事故や、鉄工所、ガラス加工、などの工場での作業中に火災爆発が起きたりすると、全身に大やけどを負うということもあります。
これらの対策はなかなか難しいということもあり、被災する方が後を絶ちません。

CAPTURE-02

やけどによる労災もあい湖にご相談下さい

やけどとなると、労働者のミスが大きいように思いがちですが、裁判令状も会社の過失を広く認めているものも散見され、労災保険の給付に加えて、会社や事業者から損害賠償を受けられる可能性が十分にあります。

あい湖法律事務所では、専門家として法律家としてご相談者の代わりにすべての交渉を行い、適切な解決に向けて全面的にサポート致します。 また、安心してご相談いただくために、弁護士による電話相談無料、着手金0円成功報酬制とさせていただいております。(※ただし、事案に応じて着手金を頂く場合があります。)